【介護職】職場の選び方【ストレスを避けるには最初が大切です】

介護の仕事
 
こんにちはるいぴです。

今回は

困る女性
 
職場を変えたいな…
介護職の職場の選び方を知りたいです。
ついでに施設別の雰囲気も知りたい
人間関係の悩みなど、介護士あるあるな悩みをできるだけ避けられる職場がいいな。
 
という悩みを解決します。

私は現在特養で常勤として勤務していますが、現在の職場では仕事のストレスになるほどの悩みはないですし、給与にもある程度満足しています。今の職場もいいところだけではないですし、愚痴も日々人並みにはありますが、リーダーの経験を積むという入職前の目標も達成できていますし、職場選びには成功したと感じています。

この記事では私の経験をもとに職場選びに失敗しないためのポイントについて解説します。
本記事を読むことで、介護職で求人を選ぶ際、どのようなことを抑えて職場を選べばよいのかがわかり、入職してからこんな職場望んでなかった…となる確率を下げることができます。
介護職の職場選びで大切なポイントは
  • 職場を決める際の優先順位を自分でしっかり把握しておくこと
  • 施設形態別の特徴を掴むこと
です。
最低限この2つを抑えておけば、自分のイメージとかけ離れた環境に身を置いてしまうことはありません。では、順番に解説します。
まず、自分が職場を選ぶとき、何を優先して職場を決めたいのか?というのを明確にします。
自分がどういう職場を選びたいのかを自分が明確に分かっていなくては、職場のふるい分けができないからです。当たり前のことですがここをわりとなんとなくの状態で求人を眺めている人も多いのでは?と感じます。
自分の優先したい項目ベスト3くらいまで決めておくといいですよ。
例えば新しい職場を探すとき、
 
  1. 家から近くてキレイな建物の特養A
  2. 給与が高くて研修制度がしっかりしている有料B
  3. 休みが多く、福利厚生が充実しているサ高住C
 
こんな感じで求人が並んでいたら、迷いますよね。
でも、何を優先して職場を選びたいのか明確になっていれば、入職してから
困る女性

あ〜あっちにすればよかったかなぁ

という悩みを持つ可能性を下げる事が可能です。
例えば、事前に自分で決めていた優先順位は
  1. 給与の高さ
  2. 休みの多さ
  3. 家からの通いやすさ
の順で優先したい、と事前に決めていればとりあえずここで選ぶのはBです。
困る女性

でも、Bだとちょっと休みが少ないな

となればBと同じくらいの給与でもう少し休みの多いところはないかな?と数ある求人の中から段々と具体的に絞りながら探していくことが可能です。

ただ漠然と求人を眺めていても、なかなか決められないので、まずは自分はどういう施設で働くことを望んでいるのか?何を優先して職場を決めたいのか?をしっかりと見極めてみてください。
介護は慢性的な人手不足の業界で、求人がたくさんあります。だからこそ、ここが大切です。
また、現時点で介護職に就いており、その職場を辞めたいと思っているのであれば、次の職場で同じような悩みを持たないために、その職場の何が嫌なのかも明確にしておきましょう。
こういう施設がいいなと同じくらいこういう施設は避けたいなも重要です。
現時点で未経験であれば、どういう利用者さんと多く関わりたいのか?どういうふうな雰囲気の中で働きたいのか?をなんとなくイメージしておくといいと思います。
 

施設別の特徴を抑える

施設形態別の特徴をなんとなくでも分かっておくのも大切です。同じ施設形態でも場所によって差はありますが、特養ってだいたいこんな感じね〜、有料ってこういうところか〜という感じで雰囲気を掴んでおきましょう。
求人を眺めて、労働条件や立地が気に入っても、ところで特養ってどういう施設?という感じだと入職してからこんな想像はしてなかったな…失敗した…となってしまうことがあるかもしれません。
それを回避する為にも概要くらいは掴んでおきましょう。
以下に施設形態別の特徴を軽くまとめたので参考にどうぞ。こんな介護がしたいな〜こんな技術を身に着けたいな〜という希望になるべく近い働き方ができそうなところを探してみてください。
 
  • 特養
施設の作りによって、ユニット型と従来型に分けられる。
給与の平均は20万弱という感じ
従来型は1フロアで多くの人数を見る為、対応力が必要。しかしスキルアップには繋がりやすく、職員が一人になる時間があまりない為、未経験者にもおすすめ。大変だけど、力はつきます。
利用者さんの介護度は自立〜全介助まで様々ですが原則介護度3〜5の方が入居でき、終の住処的な位置の施設なので入居したときは自立してても年数がたつと介護度が上がってきたりします。
従来型の方が介護度が高く、ユニット型の方が自立度が高い方が多い印象です。
レクはたまにやる程度で重視はしていないところが多いです。
  •  老健
老後も従来型とユニット型に分けられますが、どちらかというと従来型が多い印象です。
平均給与は20万ちよっと。特養よりも少し多いかなと言う感じ。
 病院から退院して自宅に戻るためのリハビリを行うための施設、という立ち位置です。
自宅に戻れなければ老健から特養やGHに入居します。
自宅に戻れない方が対象なので、介護度は1〜5まで幅広いですが、「頑張って動こうね!」みたいな方針です。
長期利用している利用者さんもいますが基本的には利用期限が原則3ヶ月までなので、利用者さんの出入りは割と多いです。
特養と比べると医療度が高めというか、医療の知識が求められる場面が多いかもです。
しかし、24h看護師常駐の施設が多く、夜間帯は特養よりも安心感があるかもしれません。
 
  • デイ
自宅で生活している方が、リハビリや入浴、他の人との関わりなどを目的に利用します。
介護度は施設よりは低めの方が多めで、認知機能も割と保たれている方が多いです。
レクを楽しみたい、日勤帯しか仕事ができない、という人にはおすすめですが、身体介助をガッツリしたい!という人には物足りないかもです。
平均給与は16万強程度。原則夜勤がなく、年末年始や土日が休日になることが多いため他の施設形態と比べると安めです。
しかし、日中帯のみ働きたい、土日は休みたいなどの希望がある場合は逆に向いているかもしれません。
  • GH
認知症のある人が、みんなで共同生活を送る、という方針の施設で、紹介する施設の中では一番自宅にいるような雰囲気があるのが特徴です。
洗濯や料理、食材の買い出しなども職員が行うため、家庭の延長、みたいな仕事も多いです。
平均給与は18万弱程度。
  •  有料
 入居にかかるお金はピンキリで、高級なところはマジでホテルみたいにきれいです。
入居者さんは自立の方〜介助が必要な方まで幅広いですが、高級志向な施設ほど、自立度が高い傾向があります。
入居者さんを【お客様】として扱う、接客色が強い施設です。
身だしなみや言葉遣いに厳しかったり、接遇研修がある職場もあります。
平均給与は20万程度。特養と老健の間くらいですね。
  •  サ高住
上記の施設と比較すると自立〜軽度の介護を必要とされる方が多いです。
バリアフリー設計のマンションに介護と医療のサポートが付いた感じの施設です。
一度見学に行ったことがありますが、個人的には雰囲気的に有料に似てるなという印象を受けました。
介護職員が関わる事は【サービス】として扱い、有料で提供する、という感じです。
高級志向な施設ほど自立度が高く、質素な作りの施設ほど介護度が高いイメージです。
平均給与は20万程度
  • 病院
患者さんに関わるときは全てナースの指示の下で行います。
他の施設形態に比べて、介護職が負う責任は軽い気がしますが、シーツ交換などの雑用が多い日もあり、人によっては雑用係感を強く感じる事があるかもです。
しかし、介護施設よりも休日日数は多めのところが多く、有給もキッチリ取れるというメリットがあります。
医療の知識や感染対策の知識、技術も介護施設と比べると身につきやすいです。
平均給与は20万ちょっと程度
 
 
なお、上記の施設のイメージは実際に経験したものと、知人から聞いたりしたものが含まれてますが、施設によってはこの限りではないので参考程度にして頂けると幸いです。
特に給与は施設形態によるというより、ホントに職場によるので平均給与は一応記載しましたがあまりあてにしなくてもokです。
地域差もあるので求人をたくさんみて、平均値をなんとなく掴んでおくといいですよ。
 

介護職が持つ悩みあるあるとその回避方法

介護職をしていて、多くの人が悩むのは
  • 人間関係
  • 給与
あたりが多分多いかなと思います。他にもあると思いますが、介護やってて周りの職員の悩みを聞くとだいたいこの2つに収まるかなと言う感覚です。
介護職200人以上に聞いた【一番ストレスを感じる悩みはなんですか】というアンケート結果がこちら

1位人間関係がクソだった時
2位暴言暴力がひど過ぎる時
3位忙しすぎワロタな時
ダントツで人間関係が原因のときが多いです。
人間関係がカギなのはわかったけど、人間関係の悩みを減らしつつ働ける職場なんてどうやって探すの?と。
たしかに人間関係はその施設で働いてみないとわからないことなので、ぶっちゃけ外から把握して、自分に合うか吟味するというのはなかなか難しいです。
しかし
入職してからあ〜ここ人間関係クソすぎる〜失敗だ…となる確率をなるべく下げる方法ならあります。
それは、
  • ちゃんと施設見学に行く事
  • できればエージェントに登録して色んな情報収集をすること
です。
施設見学なんて、なんだそんなこと?と思うかもですが意外とちゃんとやってる人そんなに多くない気がします。

困る女性
 

だってめんどくさいから。施設に電話かけるのも、一人で行くのも緊張するし施設見学したら、施設からどうでした?って電話かかってきて断るの気まずいし。

みたいな理由で。
でも、全く知らずに面接行って、なんとなくで入るより、一旦見学して施設の雰囲気を見てみた方が人間関係の悩みを持つ確率は減らせます。職員同士の雰囲気って絶対出るので、なんとなくいい感じしないな〜とか感じ取れるはず。
あと、できれば自分で探すより介護業界に強い転職エージェントに登録して、情報収集をするべきです。そのほうが絶対ラクなので。転職エージェントのスタッフは、業界に詳しく、担当エリア別に多くの求人を目にしています。最終的にエージェントを使わずに転職してもいいので情報収集には使うべきだと思います。
例えば、
先程紹介したような状況で…
1家から近くてキレイな建物の特養A
2,給与が高くて研修制度がしっかりしている有料B
3休みが多く、福利厚生が充実しているサ高住C
という3つの求人があり
事前に自分で決めていた優先順位は
1.給与の高さ
2休みの多さ
3家からの通いやすさ
 
でも、Bだとちょっと休みが少ないな
という場合
このくらいの給与でもう少し休みが多いところはないかな?となったとき
転職エージェントに相談すると、

給与変わらずここならもう少し休みも多いですよ。

とか

多少給与は下がりますが自宅から通いやすい場所にこういった施設もありますよ

とか

少し場所は離れますが給与、休日日数ともにもう少しいい条件の施設がありますよ

とか

そういう提案をしてくれます。
ちなみに、転職エージェントを使うと、施設見学の日程調整や同行もしてくれます
自分で探して、自分で問い合わせて比較して…とやっても全然okですが、
エージェントを使ったほうが、ラクに、悩みを回避した職場探しができます。
特に、現在就業しながら新しい施設を探そうとしている人は時間も取りづらいはずなので転職エージェントを使うが吉。私も就業しながら次の職場を探した経験がありますが、介護は勤務時間がバラバラなのでなかなか決まった時間に施設側とやり取りできずスムーズに話が進まなかったりします。そういった事を回避するためにもエージェント利用はおすすめです。
※リンク先は派遣会社の選び方ですが、基本的に同じなのでよかったら参考にどうぞ。

人間関係が究極に怖いなら一旦派遣を挟むのもアリ

そうはいっても施設見学したって、エージェントに聞いたってやっぱ怖い…入ってみないとわかんないじゃん…

という方も居るはず。

そんなときは、一旦派遣で施設に入ってみるというのも一つの手です。
というか、面倒だけどこれが一番確実です。
実際に施設の内部に入って働いてみるわけなので後から【あ~失敗だった…】となる可能性はかなり低くなります。
手順としては以下の通り
 
上記で紹介したいように職場を探す際に自分が重視する点の優先順位を決めておく
派遣会社に登録して、優先順位通りにこういう施設がいいですと希望を伝え、求人の紹介を受ける
実際に働きつつ、人間関係を含めた施設の雰囲気を観察する
そのまま派遣で働いてもok
そこで常勤になりたかったら施設の人に相談する
 
 
この手順でいくと、合わない施設に就職してしまった…という失敗をかなり回避できます。

派遣で入った施設が常勤を募集してなかったらどうするの…?

という疑問もあるかもですがそれは問題なしです。

施設としては派遣を雇うより常勤を雇っている方が人件費を抑えることができるのでできるなら100%常勤にしたいはずです。
しかし、人が集まらず仕方なく派遣を雇うケースが多いです。
つまり、派遣を雇っている時点でその施設は常勤が足りていないことが多く、常勤になりたいという話は施設側にとって願ったり叶ったりである場合が少なくありません。
もし不安なら、求人の紹介を受ける段階でその施設のHPを確認してみるとより確実です。そこに職員募集の文字があれば間違いありません。
実は私も今の職場にはこの方法で入職しており、人間関係の悩みはゼロです。
給与を最優先にして、求人を探したので総支給額は毎月30万は下らないし、リーダーの経験も積めているので後悔はありません。
 

おすすめの派遣会社

参考までにいくつか派遣会社を紹介します。すべて私も登録して利用した経験があるので迷ったら登録してみてもいいかもです。
派遣会社はたくさんあるので自分でググってもokです。
 
未経験可、無資格可の求人が多い。実務者研修をタダで受けられる制度があり、資格を取りたい人にもかなりおすすめ。私が初めて利用した派遣会社です。ここで資格も取りました。かいご畑の利用手順と感想コチラ
 
高時給の求人多数。業界大手で営業担当さんの知識も豊富。ある程度経験があり、資格を既に持っている方におすすめ。きらケアの利用手順と感想コチラ
 
夜勤専従の求人多数。夜勤専従を考えているなら登録しておくべき

まとめ~介護職が職場を選ぶ手順【エージェントを使って悩みを回避】~

介護職が職場を選ぶ手順をおさらいします。
まず、自分がどの条件を優先して職場を探したいのか決めます。
給与が高いこと?
資格取得支援が手厚いこと?
家から通いやすいこと?
建物が新しいこと?
あとは、どんな働き方をしたいのかも自分で明確にわかっていると後々ラクです。
ガッツリ介護技術を学びたい?
レクをたくさんやりたい?
高級志向の施設で接遇をまなびたい?
など
ここが明確に分かっていれば後は求人を吟味するだけです。
いろいろな求人をみて職場を選びます。自分で探しても OK、転職エージェントに登録してもOKです。現在就業中ならエージェント利用がおすすめ。
どうしても人間関係の不安があるなら、派遣で一旦働いてみるのもアリ
面倒かもですが、常勤で入ってから人間関係の悩みに直面するよりもだいぶリスク回避になるはずです。
私のおすすめは以下の3社
 
かいご畑 未経験可、無資格可の求人が多い。実務者研修をタダで受けられる制度があり、資格を取りたい人にもかなりおすすめ。私が初めて利用した派遣会社です。ここで資格も取りました。かいご畑の利用手順と感想コチラ
きらケア派遣 高時給の求人多数。業界大手で営業担当さんの知識も豊富。ある程度経験があり、資格を既に持っている方におすすめ。きらケアの利用手順と感想コチラ
ベネッセMCM夜勤専従の求人多数。夜勤専従を考えているなら登録しておくべき
 
 
しつこくて申し訳ないですが
職場を選びに失敗しないためには
自分がどういう点を重視して職場を選びたいのか、どういう仕事をしたいのかを明確にしておく事これが一番大切です。
 
 
というわけで今回は以上となります。

コメント

  1. […]   その時の詳しい流れみたいなのはコチラに書きました 失敗ゼロの職場の選び方     […]

  2. […]   失敗ゼロの職場の選び方   […]

タイトルとURLをコピーしました