【介護士は誰でもできる】事実ですがそう思ってる人には多分無理です

介護の仕事
先日こういったツイートをしました。

 
介護の仕事なんてぶっちゃけ誰にでもできると思うよ。学歴も資格も要らないんだし。
 
でもあの閉鎖的で特殊な環境下で介護の仕事を続けられるか、ってところだよね。
 
誰にでもできる仕事だと思うけど
誰でも続けられる仕事ではないよねきっと🙃
 
これについて、割と反応があったのでもう少し深堀します。
 
 
スポンサーリンク

ぶっちゃけ介護は誰にでもできますよ。

私は大学を出て、新卒から介護業界に入り、5年くらい経ちます。しかし正直なところ、やりがいもあるし素晴らしい仕事だし、専門性もあるので決して誰にでもできる仕事じゃない!なんて素敵な仕事だろう!とは思ってません。
 
その理由は
無資格でもできるから
 
これにつきます。
 

無資格未経験でも容易に正社員になれる現実

例えば
40歳のフリーターが就活したとして、他で何も経験がない中年はわりと就職は難航すると思います。しかし、介護業界ならすんなり入れてしまう。
 
ウチはそんな人材とらない!とかそういう施設もあるでしょうが、業界としてはこれが可能なわけです。人手不足で、無資格未経験でも歓迎の現場が多いから。
 
実際私の今の職場や過去に居た職場では定期的に無資格未経験の人材が入ってきますし、年齢も30代後半とか40代とか多いです。もちろんたまには20代も居ますが。
 

給与が低いのも無資格未経験可で仕事が出来ることが理由のひとつ

介護士は低所得で有名な職種ですよね。認知症の相手とかモンスターファミリーの対応とかぶっちゃけキツいです。しかし、その割に給与は低いです。
 
なんでこんな思いしてる他人の為にやってんのにこんだけしか貰えないの?
 
介護士をやっていれば多分皆さん一度は感じた事があるはずです。
 
介護士の給与は利用者さんが払う介護保険料などから支払われる為、そこが上がらないとどうしても上がりづらい仕組みです。では、なぜ国は報酬を上げやすい仕組みにしないのか?ということですが
理由は正直ひとつじゃないと思います。
とはいえ、
資格の重要性が低い職種だから、というのも理由のひとつなはずです。
 
資格がなくても出来るけど、資格があったら資格を名乗って仕事してもいいですよという資格の事を名称独占資格といいますが一般的に名称独占資格は資格をとっても給与が上がりづらいです。介護福祉士も名称独占資格にあたります。
 
 
 

介護は誰にでもできる仕事じゃないという反論

今までの主張と矛盾するようですが介護の仕事はキツイし向き不向きもあります。
 
始めるには資格も要らないし、他の業種よりも圧倒的に現場に飛び込みやすいのは事実です。
しかし、一度飛び込んで、続けていくには
  • 介護に興味がある
  • 命を預かるという自覚をもてる
  • 下の世話ができる
  • 暴言暴力を受けても仕事だと割り切る精神力がある
などが必要なので無理な人もいるはず。
 
実際にTwitterにてこんな反論もありました。
出来ませんよ。適正ってものがありますので手技を覚えたとしても扱い方などに問題がある場合は使えませんし、事故が起こってしまいます。車椅子移乗に関してもやり方を間違えると転倒に繋がり事故が起きてしまいます。技術は誰でも覚えられますが、個人の適正で考えた時誰でもって事にはなりません。
 
上記の主張もとてもよくわかります。
私も日々介護を仕事として行っている人間として、介護の知識がない者に
介護なんて誰でもできるっしょ、年寄りの世話なんて給料高いわけねーしお手伝いみたいなもんじゃん。
みたいな認識を持たれることには腹が立ちます。
 
とはいえ
やはり、誰でも参入しやすい敷居の低さは否めません。
 

最終的な持論

 
上記のような反論がくるのはすごくわかるし、私にも同様の気持ちもあります。
なので、誤解を招かないように少し表現を変えると、
 
 
介護の仕事は
誰でも参入できるし、資格も不要。
なので、誰でも始められます。
しかし
基本的に、高齢者が好きだったりかわいいなと思えるなどの適正や、介護に対して舐めた姿勢を取っていないという心構えなど必要なものは多いので、参入した人の中で、介護の仕事を続けられる人は全員ではないはず。
 
です。
 
 

まとめ

現役の介護職として
介護なんて誰にでもできる仕事だと見下している気持ちがあるわけではありません。むしろ少し大袈裟に言えば介護を続けられている事を誇りにすら思いますし、嫌いじゃない仕事に出会えてラッキーだなと感じています。
とはいえ、
参入障壁が低いのも事実です。
私自身、参入障壁の低さからツイートでは【誰にでもできる】と表現したし、世間からそう思われる事もあるはず。
 
しかし、
 
介護に携わったことがない方や真剣に向き合ったことがない状況の方に
誰にでもできるだろう。と言われるのはクソ腹たちます。
 
数分に一回同じ会話する認知症の相手できんの?とか介護拒否をうまくかわせるの?とか自分より体格のデカイ人を移乗できるの?とか便まみれの人をベッドに寝かせたままきれいにしてあげれますか?とか
クソほど言いたいことが出てきてしまいます。
 
繰り返しになりますが、
 
見下して、【誰にでもできる】といったのではなく、資格も要らないので誰にでも始めることはできるけど、経験ない人がそれを言うのは違うし続けるには色んな心構えや技術がいりますよ。っということです。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました