介護士が捨て駒にされてると感じた時に取るべき行動【辛い?辞めよ】

介護の仕事
こんにちはるいぴです。
先日下記のツイートをしました。
 
介護業界ってホントアホみたいな施設多いなぁ。自分が経験してるのは2.3施設だけどTwitterで同業者と繋がってるとつくづく思う。
 
職員のこと大事にできない施設なんて早く潰れればいいのに
 
あと
しんどい思いして頑張らなくても転職希望すればひくて数多ですよ。介護士不足なので立場利用しましょ
 
本記事では、このツイートを深掘りしつつ
下記の悩みを解決したい方向けに書きます。
 
介護士してます。
ぶっちゃけ仕事が辛いです。休みも少なく、有給が取れないし、給料も高くありません。
人間関係も面倒だし、上司には理不尽に怒られます。家族から無茶な要求されても職場は守ってくれない。
 
 
ここまで条件が揃いすぎてる職場はしんどすぎなのであるのかどうかわかりませんが、現状の介護業界ならありえる気がしますね。上記のような状態で職場に大事にされてないなと感じたときに介護士が取るべき行動について解説します。
 
スポンサーリンク

【やめるべき職場の3か条】辛い介護施設で頑張ってても報われない件【結論:職場を変える】

私は現在介護職6年目で、特養に勤務していますが、私の介護職キャリアのスタートは認知症特化の精神科でした。暴言暴力は当たり前だしロング夜勤の勤務中ずっと奇声を聞いてた時もありました。
そして給料は夜勤手当交通費等込みで手取り17万強。新卒入職だったので研修期間や夜勤のないときは手取り13万とかでした。
私はそこで介護の基礎〜応用、臨機応変に対応する能力や認知症の対応など、今ある知識と技術の殆ど全てを教わりました。
なのでこの職場にいた事に後悔は全く無いのです。
しかし、期間が問題でした。
私は3年半弱くらいそこに在籍しましたが、後半の1年くらいはスキルの伸びは特になく、ただただ、BPSDと闘い、辛いな辞めたいなと毎日思って過ごしていただけでした。(しんどい環境に長く居続けた結果
私は新卒入職だったので辛い環境に身を置いても得られるものがありましたがTwitterで辛そうなツイートをしてるのは大体2年目以降の介護士です。
この文章を読んでいるあなたも1年目ではないのではないですか?
得られるものがゼロとは言いませんが目標もなく辛い環境にいてもただ辛いだけです。ダラダラとその環境にいてもコスパが悪い。得られるものが少なすぎますよ。
  • 人間関係や労働環境が辛い
  • 給料が満足に貰えてない
  • ここに居てもスキルが上がるとは正直思えない
この3つが全て当てはまるなら、転職に向けて具体的に動き出すべきです。

しんどい、でも勉強になる!という場合は期間を決めて頑張る

しんどい環境でもココで学びたいことがある、と明確にわかっている場合は、期間をきっちり決めて頑張ってみるのは大いにアリです。
辛くても、これが学び終わるまで!というモチベーションの保ち方もできますし、頑張った後にスキルが残る場合は頑張る価値ありですね。
この場合、具体的に何カ月!とか何年!というよりは、あ、もう完全に習得できたなとかもう学ぶことはないかもな、と感じた時が辞め時です。
何のために今の職場にいるのか、定期的に振り返り、自分と向き合うことで確かめ、辛い場所で無駄に時間を使うのを避けましょう。

もう、いいな。と感じたら【介護士不足を逆手にとり有利に辛い職場から逃げる】

辛い職場で、学ぶことはもうないな、という状態になったら次は辛い場所から逃げる為に動くフェーズに進みましょう。逃げるというと聞こえが悪いかもですが
より働きやすい職場に移行する。と言えば普通のことじゃないですか?
仕事は、1日の起きてる時間の大半を占める事なのでなるべく辛くない場所に居るべきです。
 
いくつか介護現場に入ったことがある方なら皆さん多分わかってると思いますが、介護業界はどこの職場も大体、慢性的な人手不足です。
この現状は、働いてる時はキツイなぁと感じることが多いかもですが、転職活動中はめっちゃ有利です。
人手不足で新しい人を採用したい、この際未経験可でもいい!という施設がいくつも存在する中で、少しでも経験のある人材は本当に引く手数多です。
要は選び放題なんですよ。
なので、給与や休みの面で今まで我慢してきた人はなるべく自分の希望通りの職場をじっくりと探すべき、と思います。

介護士が辛い職場から希望通りの職場を効率的に探す2つのコツ

在職中からの転職活動はなかなか面倒くさいです。
働きながらなので、
例えば、仕事終わってから求人を眺めて、いいなと思ったら問い合わせて、次の日の休み時間に問い合わせの返事をして、次の休みに施設見学や面接の予定を入れる、みたいな感じです。
しかも実際はこんなにスムーズにいかない事のほうが多いです。施設から問い合わせの返事の電話も仕事中で出れなかったり、折り返せば担当者不在といわれ…って感じでわりとダルい。その上、同じようなやり取りを2.3個同時にやるとなると疲弊しがちです。
この様な状況を避けるには
  • 転職エージェントを使う
  • 職場に求める条件に優先順位をつける
この2点を意識する必要があります。
初めに、自分が職場に求める条件の優先順位を明確にして、それを転職エージェントに話して、それに合う求人を探してもらう、というのがベストな順序です。
私もココを意識して転職活動をしていたおかけで手取りは20万以下→30万に大幅アップしました。詳細はこちら
退職してからゆっくり職探し、というのができる人はエージェントを使わなくてもいいかと思いますが、在職中から職探しを始めてあまり期間を空けずに次の職場に行きたい人は転職エージェントを利用して効率的に求人を絞ったほうがラクにいい条件の職場を探せます。
しかし、いくら転職エージェントが求人を探してくれるとはいえあなた自身がどんな条件を職場に求めてるのか?をはっきりさせておかないとなかなかいい求人にはめぐり逢い辛いかなぁと思います。
しっかり自己分析もしつつコンサルタントに求人を探してもらいましょう。

 

介護経験のある人におすすめの転職エージェントはきらケア

 

きらケアは介護の転職エージェントの王道です。正社員紹介と派遣の求人紹介があるので最初は派遣で働いて途中で正社員になりたくなったときやその逆も柔軟に対応してくれます。
私もきらケアの派遣のほうを利用していましたが
コンサルタントも親切で感じがよく、少ないやり取りで希望の求人を複数紹介してくれました。

 

利用して感じたきらケアの特徴

コンサルタントが優秀

コンサルタントの感じがいい

求人が豊富

派遣→正社員、正社員→派遣の切り替えがスムーズにできる

介護業界に詳しいコンサルタントが多いので求人の質が高い

コンサルタントとのやり取りのLINEが使えるので連絡を取り合うのがすごくラク

 

正社員で転職希望の方⇒転職活動を全面サポート!【きらケア】

派遣を考えている方⇒派遣をお探しの介護士さんに!【きらケア 派遣】

どちらも登録してもいいですしどちらかに登録して「正社員(or派遣)と迷ってるんです」という相談をしてみてもいいと思います。

私も派遣のほうに登録しながら、正社員と悩んでます…と相談したら正社員求人もありますよ。と提案してくれました。

介護の転職エージェントはたくさんあるので、どこで求人探そう?と悩む人はとりあえずきらケアに登録してみるのもおすすめですよ。

まとめ

ということで今回は
しんどい施設で頑張っても報われないので早めにしんどい場所から逃げるべき
とはいえ学びたいこと等がある場合は期間を決めて頑張るのもあり
希望通りの職場を効率的に探すには
・転職エージェントを使う
・職場に求める条件に優先順位をつける
この2つを意識すると効果的
という話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました