【介護福祉士】試験に一発で受かった勉強方法【実践した事すべて】

介護の仕事
 
 
介護福祉士の国家試験を受けようと思っていますができれば一発で受かりたい…
仕事をしながら受けますが、いつから勉強始めたらいいですか?また、教材が多すぎてどれを買ったらいいかわからないのでおすすめを教えてください。
 
 
 
この記事を読むことで、
 
  • 介護福祉士国家試験の勉強を始める時期、
  • 使った教材
  • 具体的な勉強の手順
 
が分かります。
 
私は現在、介護福祉士として働いており、平成31年度の国家試験を受験しました。仕事を続けつつ、勉強しましたが、正答率約90%で合格したので、その時の勉強の手順を全て公開します。
 
 
スポンサーリンク

勉強を始めた時期

本格的な勉強を始めたのは11月頃です。
試験が1月の末にあるので約3ヶ月ちょっと前ですね。とはいえ毎日欠かさず勉強していたわけではないですし、この時期に始めた感覚としてはかなり余裕を持って進められたなと言う感じです。
最初の1か月は月10日の休みのうち勉強に費やしたのはたぶん半分の5日ほどです。
 

介護福祉士国家試験の勉強に使った教材

 
 

具体的な勉強の手順と時期

まずはアプリで過去問

勉強を本格的に始めたのは11月頃からと言いましたが、多分アプリを取ったのは10月頃です。とりあえず過去問見ておくか、くらいの気持ちで取りました。スマホで手軽にできるので寝る前などに少しずつ解いてました。
1年分を一気に解く、みたいな使い方はしてなくて、隙間時間に5問、ちょっと時間があるので10問、みたいな感じで特に時間も測らず、寝る前、移動時間、気が向いたときにサクッとアプリを開いてちよこちょこ解いてましたね。
アプリには5.6年前の過去問もあるんですが、ぶっちゃけそこまで古いやつはやらなくていいです。介護保険法など関係する法律の改正もあるので、解いてみるのは3年前までのもので大丈夫でしょう。
前年度、前々年度の過去問だけでも充分かと思います。この段階では解らないもの、解けないものがあっても構いません。
アプリを使いながら意識する事は
 
  • 特に解けない(解らない、勘で解いた)分野はどこか?
  • 覚えた方が良さそうな法律、ルールはどれか?
 
この2点です。
2-3年分の過去問を解いて、毎回出てくるルール( 身体拘束の要件など)はメモっておいて、次の段階で重点的に覚えましょう。この時、細かくメモる必要はないです。法律の名前などを簡単にスマホにメモっておいて、あとで見返せるようにしておくとラクです。
 
 

書いて覚える!介護福祉士国家試験合格ドリルで基礎固め

11月に入ったら、ぼちぼち次のステップに進みます。
書いて覚える!のテキストに移る段階です。
穴埋め式のテキストになっていますので、このテキストを11月中に一度全て埋めます。ちなみに、埋めるときはオレンジのボールペンを使い、赤いシートも買っておきましょう。赤いシートで隠すとオレンジ色で書いた文字が消えるので、何度もテキストを見返して知識が定着しているかの確認ができます。
 
最初に埋める時は、解答も隣に置き、答えを確認しつつ埋めていきます。ただ何も考えずに埋めていってもいいですが、アプリの時に苦手だな思った分野は一つ一つ覚えられるようにしっかりと文章を読みながら埋めていくといいと思います。
私は苦手な分野が【社会の理解】だったのですがそこはかなりゆっくり、何度も文章を読み返したりしました。
 
ここまで11月中に終了している状態でした。
 
ここから12月に入ります。
オレンジ色のペンで最後まで埋めたら、今度は埋めた状態の文章を一通り読みます。その次は赤いシートで解答を隠しながら、別のノートなどを用意して、それに解答を書いていきます。わからなければ解答をみてokです。7-8割覚えられたかな?と思うくらいまで続ければ完了です。
 

介護福祉士国家試験模擬問題集で応用

12月中旬or下旬〜1月末の試験まであとはひたすら問題を解いて、解説を読んで、の繰り返しです。
 
予想問題を最初に解くときは、できれば時間を測って、本番と同じ時間で解けるように心がけてみるといいと思います。時間を測ってみて、時間内に終われば安心ですし、終わらなければもう少しスピードを上げたほうがいいんだなという目安になります。本番で時間が足りなくて解ききれないなんて悲しいので、自分の解くスピードでどのくらいの余裕を持って解けるのか?は分かっておいたほうがいいです。
 
そして、
1回目に解いたときは正解した間違えた関係なく全て解説を読んでください。めんどくさいかもですが、2度目、3度目に解くときに、この選択肢はどこが間違っているのか?というのがわかるようになるのが目標です。
どこが間違っていて、正しい文章に訂正するとしたらどうなるのか?がわかって、答えが選べると完璧です。
 
完璧ですが、全ての問題文でこれができるようになるのはだいぶめんどくさいです。
私も多分全ては無理でした。特に苦手分野は絶対に無理でしたね。
なので、得意分野の問題文だけでも、正しい文章に訂正するとしたら?までわかるようになるのがベストです。
私はこの状態で一月末の試験を迎えました。
 
 

プラスαであったほうがいいと思ったもの

本番で全125問の問題を解いて、
こんなの知らない。覚えてないというより過去問にも予想問題にも出てきてない。という問題がいくつかあったので、
上記の書いて覚えると予想問題集だけでもいいんですが、更に完璧を目指したいならもう少し網羅的に解説が載っているテキストがあるとより良いかもです。
とはいえ、なくても9割程度の正解率は獲得できたので、満点を目指す人以外は上記の方法で充分だと思います。
 

まとめ

というわけで今回は以上になります。
 
使った教材は、
  • 書いて覚える!介護福祉士国家試験合格ドリル
  • 介護福祉士国家試験模擬問題集
の2点です。
試験までのスケジュールは
10月になんとなくアプリで過去問を解く
11月で書いて覚えるを埋める
12月〜1月で書いて覚えるで暗記を7割くらい完成させてから問題を解いて解説を読むを繰り返す
 
私は以上の方法のみで国家試験に合格しました。実際に現場にでて実務を積んでいる方なら勉強しなくても解ける問題は結構たくさんありますが、法律関連なども出るので勉強せずに臨むと受かるか落ちるか際どいところかなと思いますので、勉強しなくてもイケますか?という方がいますが、個人的には一発で受かりたいなら少しは勉強したほうがいいかなという感じはします。
 

余談

 
試験はマークシートなので、自己採点の為に問題用紙の自分が選んだ選択肢に印をつけておき、どれを選んだかがあとからわかるようにしておくと便利です。
また、当日わからない問題が出てきたとしても慌てず少し考えて解らなかったら飛ばして次の問題に進みましょう。
マークシートテストで時間が足りなくなることはあまりないので、余った時間でもう一度考えて答えを書きましょう。わからなければ最悪勘で解答しましょう。
空欄で提出すると正解する確率は0ですが適当にでも埋めれば1/5で正解する可能性があります。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました