派遣

介護士は派遣切りの心配が不要な理由を解説【求人は速攻で見つかる】

介護 派遣切り

こんにちは、るいぴです。

今回は、

 

困る女性
派遣介護士

派遣介護士は、派遣切りに会うことがあるの?
できれば派遣切りのは会いたくないです…
切られる人の特徴や、切られないための方法があれば知りたいです。

上記の不安を解消していきます。

私は現在、特養の常勤介護士として働いていますが、過去に1年半ほど派遣介護士として勤務していた時期があります。

そのとき、派遣切りを目撃しました。

介護士でも、派遣切りはあり得ます。

 

とはいえ、ぶっちゃけその派遣介護士さん達は

るいぴ
るいぴ

こんなことしたら派遣切りにあっても仕方ないな…

と感じざるを得ない事をしていました。

安心してほしいのですが、普通に働いていれば介護士が契約期間内に派遣切りにあうことはほとんどないです。

 

派遣切りエピソードに触れつつ、派遣切りにあわないための行動なども解説します。

この記事を読むことで、派遣切りにあうことなく派遣として安定的に働く方法が理解できるはずです。

 

派遣介護士として働く予定がある、もしくは、現在派遣介護士として働いており不安があるという方は、ぜひどうぞ。

 

ちなみに、

困る女性
派遣介護士

これから派遣介護士として働く(かもしれない)けど、派遣先の施設でやっていけるか不安…

という悩みがあるかたは、下記の記事も参考にどうぞ

介護士が派遣切りに会うことはある?【答え:あります】

介護 派遣切り

冒頭でも話しましたが、派遣介護士が派遣切りにあうことはあります

派遣介護士の立ち位置はあくまで、人手が足りるまでの緊急要員です。

常勤の介護士が潤うなどすれば、契約満了まで働いて、次回以降の更新は基本的にはありません。

 

また、利用者さんとの関係性が上手く保てない場合や、施設内でトラブルを起こすなどの問題があれば、施設側が一番最初に切るのは派遣です。

派遣は、常勤職員に比べて、雇い続けるためのコストがかかります。

そのため常勤と比較すると、切られやすい立場にあることは理解しておく必要があるでしょう。

 

ここで、私が過去にお世話になった派遣先での出来事を紹介します。

派遣介護士が契約を打ち切られた話です。

 

私が派遣介護士として勤務していた施設は複数の派遣会社から沢山の派遣介護士を雇用している施設でした。

介護は、1人で完結する仕事ではありません。職員同士で声を掛け合い、協力し合う場面も多いでしょう。

 

しかし、中には仲の悪いスタッフも居ます。とはいえ、それでも同じフロアに配属されていれば仲の悪い派遣スタッフ同士が同じフロアで仕事をするという状況もあるわけです。

仲が悪い・性格が合わないからと言って、一緒に仕事をしたくないなんてことは当然許されません

大人ですし、仕事ですから。

普通は、表面上だけでもコミュニケーションをとり、仕事をします。

 

しかしある日、性格の合わない派遣社員の2人がなんと勤務中に喧嘩をしてしまったのです(笑)
休憩中ではなく、仕事中にです。

利用者さんの前で。ビンタとか罵声とかそれはもう目も当てられない状況でした。

そんなことがあり当事者の二人は契約打ち切りに…

これが、私が目撃した衝撃の派遣切りです。

以上のようなことがありました。

とはいえ、これは極端な例です。

普通に人間関係を構築し、円滑に仕事をこなしていれば何の問題もありません。

派遣介護士は切られやすい立場であると言いましたが、よっぽどのことがない限り、契約期間の途中で打ち切りはないでしょう。

 

逆に、何の問題も起こしていないのに契約を打ち切ることは契約違反なので、絶対あり得ません。

そんなことをすれば、派遣会社から違約金の請求をされ、他の派遣会社にも評判が周り、派遣社員の紹介を受けられなくなります。

 

不当に契約を打ち切られることはありませんし、万が一あったとしても派遣会社が戦って守ってくれます。

その辺は、全く心配ありません。

 

私は、派遣介護士として働いた1年半の間、契約更新を施設側から断られたことはありません。

むしろ、更新してくれと頼まれたことさえあります。

不安になったかもですが、実際こんなもんです。

介護現場は人手が足りない超売り手市場なので、そこまで心配しなくて大丈夫です。

 

とはいえ、「契約満了まで働いてもらったら、もう契約更新はしませんよ」ということは充分にあり得ます。

施設側(派遣先)が、派遣の契約更新をしない理由は、どんなものがあると思いますか?

いくつか主な理由がありますが、自分ではどうしようもないものもあります。

次の見出しで詳しく見ていきましょう。

介護施設が派遣切りをする理由

介護 派遣切り

派遣先が、派遣介護士に対して次回以降の契約更新を行わない主な理由は次の3つです。

  1. 職位が充足したから
  2. トラブルがあったから
  3. 派遣介護士を雇うのがキツイから

施設都合のものもあり、これに関しては抵抗できるものではありません。

では、順番に見ていきましょう。

職員が充足したから

これは、施設の都合なのでもうどうしようもありません。

もしかすると、

困る女性
派遣介護士

一方的に契約更新しないなんて!

と思うかもしれませんが、この場合は不当でもなんでもありませんので、諦めて次を探しましょう。

 

派遣介護士の契約は、通常数か月ごとの更新になっています。

契約期間満了であれば、次の契約更新には派遣先と派遣社員(あなた)の双方の同意が必要です。

仮にあなたが契約更新したくても、施設側がそれに同意しなければ更新は不可です。

 

逆に、施設側が契約更新を望んでいてもあなたが更新を望まなければ、契約更新はされません。

派遣介護士の契約とは、そういうものです。

 

とはいえ、来月から仕事が無くなる心配はありません。

後ほど解説しますが、介護は求人がたくさんあるので

困る女性
派遣介護士

仕事が見つからない…

という事態はかなり起こりにくいです。

 

私も、契約更新を断った経験があります。

しかし、月末まで働き、来月の1日に間髪いれず新しい派遣先に就業しました。

切られても問題なしです。

トラブルがあったから

トラブルに関しては、切られても仕方ないと割り切るしかないです。

先ほども言いましたが、派遣は維持費がかかるポジションです。

 

施設側からすれば、金銭的に苦しくなる要因となることもあるでしょう。

トラブルなく、円滑に仕事をしてくれていたらその金額を支払う価値があっても、トラブルメーカーにお金は払いたくないはずです。

 

明らかに、こちらに非がなければ切られることはありませんが、先ほど紹介したような大きな揉め事は避けましょう

とはいえ、普通に仕事をこなしていれば問題なしです。

派遣を雇うのがキツイから

施設の資金繰りの問題ですね。

派遣介護士を雇うには、派遣社員本人に払う時給+派遣会社に支払うマージンがあるので、ぶっちゃけ少し高いです。

 

施設側が自力で人を集めて、直接雇用の職員を増やせれば派遣は不要。

施設側からみれば、派遣介護士は金銭的にデメリットしかありません。

とはいえ、自力で人が集められず派遣に頼らなければ現場がまわせない施設があるのも事実です。

介護士が派遣切りに合わない為の方法と切られる人の特徴

介護 派遣切り

派遣として就業した介護士が、派遣先に切られない方法は次の2つです。

  1. トラブルを避ける
  2. シフト通りに出勤する

この2つを意識して仕事をしましょう。

トラブルを避ける

トラブルを避けるとは、人間関係の問題を起こさない・利用者との関係性を良好に保つことです。

とはいえ、職員にも利用者にも、時には理不尽な事を言われることもあります。

 

そういうときは、派遣先のリーダーや主任などに一度相談してみましょう。

それで改善されなかったり、もしくは相談できる関係性ではなかったりする場合は派遣会社に相談です。

 

派遣会社にとって、あなたはお金を稼いできてくれる大切な存在です。

必ずしっかり話を聞いて、対処してくれます。

場合によっては、契約期間内であっても派遣先を変えることも可能かもしれません。

必ず相談しましょう。

シフト通りに出勤する

え?当たり前じゃない?と思うかもですが、実はそうでもないのです。

派遣介護士は、急に休んだり、飛んだり(無断欠勤からの次の日からもう来ない)といった行動を平気で取る人がわりと多いです。

 

そのため、シフト通りに出勤し、ある程度の期間(2‐3カ月)働けば、それだけで信頼を得ることができます。

私は常勤を経験してから派遣になり、現在は再び常勤として働いてますが、シフト通りに出勤するなんて至極当然のことと思っていました。

 

しかし、渡されたシフト通りに出勤し、フロア業務をこなしているだけで今回の派遣さんはアタリでよかったよ~と言ってもらえました。

るいぴ
るいぴ

どういうことですか?何もしてませんよ(笑)

と思わず聞いてしまいましたが、どうやら派遣は普通のことを普通にこなすだけでありがたがられるポジションのようです。

 

逆を言えば、この2つができないと現場で重宝されず、施設にとって、フロアにとって居てもらいたい派遣介護士にはなりづらいという事です。

 

さて、誰を切る?となった時、同じフロアのリーダーや主任に、この人は切らないで欲しいと発言してもらえる人材に慣れれば派遣でも安泰です。

契約時間も、自分が望むだけ延長してもらえる可能性も高まりますよ。

介護士が派遣切りに合ってしまったその後に取るべき行動

介護 派遣切り

派遣先がどんなに居心地が良かったとしても、派遣介護士はずっと1つの職場に居続けることはできません。

人員が足りれば契約更新はされないし、派遣介護士には同じ派遣先で働けるのは3年まで(通称3年縛り)という決まりもあります。

派遣介護士をある程度続けていれば、

困る女性
派遣介護士

仕方ない。今月一杯で今の派遣先は辞めなければならない…

という状況はほとんどの人が経験するはずです。

そうなった時、取るべき行動は次の3つです。

  1. 新しい派遣先を探す
  2. 派遣会社を変える
  3. 不当だと感じる場合は交渉

この3つのうちどの行動をとるかは、自分がどうしたいのかによります。

新しい派遣先を探す

同じ派遣会社で違う派遣先を紹介してもらうことです。

とりあえず違う派遣先を紹介してもらい、時給やその他の労働条件を確認してから決めましょう。

 

在籍している派遣会社で仕事のしづらさなどを感じておらず、派遣会社を変えたいと思っていない場合に取るべき方法です。

派遣会社を変える

派遣会社との関係や対応に不信感がある場合は、契約更新のタイミングで派遣会社を変えましょう。

派遣会社を辞めるタイミングは、契約満了時が1番円満です。

 

私も派遣会社を変えた経験がありますが、契約満了時に派遣会社を変えるとスムーズに次の会社へ移籍できます。

不当だと感じる場合は交渉

派遣先が契約更新をしてくれない理由が納得いかない場合は、一度派遣会社に相談しましょう。

話を聞いて、場合によっては契約更新についての交渉をしてくれます。

ここで1番やってはいけないのが、派遣会社を通さず自分で派遣先に自分で交渉すること。

 

ずっと派遣先と自宅の往復だと忘れがちかもしれませんが、派遣介護士はあくまで、派遣会社所属です。

派遣介護士として、派遣会社から派遣先に働きにいってるという立場を忘れてはいけません。

 

現場の問題は別ですが、労働条件などの問題は、一旦派遣会社に伝えるのがセオリーです。

派遣会社を通さず派遣先に伝わり、その後に派遣会社が知るという流れは良くありません。

必ず、自分→派遣会社→派遣先の順序で話がいくようにしましょう。

派遣切りされても焦らなくていい【介護士は超売り手市場】

介護 派遣切り

初めて契約更新をしてもらえない経験をした場合、もしかしたら焦ることもあるかもしれません。

困る女性
派遣介護士

えー!どうしよう!
働きながら仕事探す!?来月から仕事ない!?

しかし契約更新をしてもらえなくても、ぶっちゃけ焦る必要は全くありません

介護業界は、超絶売り手市場です。

派遣会社にも、求人は死ぬほどあります。

派遣介護士として働く場合、求人が見つからない…という事態は絶対ありません。

 

仕事はすぐに見つかるので、マジで心配不要です。

更新されなかったら、別の派遣先に行けばいいだけです。

 

とはいえそれでも不安はあるでしょう。

そこで、派遣先をサクッと見つけるコツを次の見出しで解説します。

派遣介護士が次の派遣先を速攻で見つけるコツ

介護 派遣切り

自分の望む求人をできるだけ早く見つける方法は、複数の派遣会社に登録しておくことです。

紹介される機会が多い方が、良い求人に巡り合う機会も増えます。

 

また、派遣会社のコンサルタントとの相性もとても重要です。

こんな施設で働きたい、こんな働き方をしたいなど自分の要望をしっかりと伝えましょう。

 

その上で、スムーズにやり取りが進みそうな会社から紹介を受けると、働く際のストレスが軽減され、働きやすくなります。

 

とはいえ、あまり多くの派遣会社に登録しすぎるとやりとりが大変になってしまいます。

一度に登録・やり取りをするのは、2.3社がおすすめです。

ちなみに私が派遣介護士として就業していた際は、かいご畑 きらケア 派遣 を利用しました。

 

無資格ならかいご畑 、有資格者ならきらケア 派遣 が個人的にはおすすめです。

どちらもサポート体制が整っており、満足度は高めでした。

まとめ

今回は、派遣介護士にも派遣切りはあるのか?という疑問に回答しました。

派遣介護士でも派遣切りはありますが、求人があふれているので心配無用です。

 

さらに、切られやすい人の特徴や切られた時に取るべき行動などについても解説しました。

派遣介護士は、同一の派遣先にはあまり長く在籍できませんが、できるだけ長く働きたいと考えている場合はぜひ参考にしてみてください。

 

派遣は、ぶっちゃけ、あたりまえのことを当たり前にできていない人も多いので、デキる人になるチャンスは沢山あります。

しっかり行動に移し、重宝される人材を目指しましょう!

ABOUT ME
るいぴ
介護職7年目で特養に勤務している29歳です。 経験した施設は認知症専門の精神科、老健(2週間程度の研修)、特養です。 Twitterでの発信もしているのでぜひフォローしてください。