【断言します】30代無資格未経験でも余裕で介護業界に転職できます

介護の仕事
こんにちは、るいぴです。
今回は
現在30代ですが、介護業界は未経験です。
 
30代未経験で異業種から
介護業界に転職するのは難しいですか?
未経験なので資格もないし不安です。
でも
できるだけ給与の高いホワイトな現場に行きたいです…
こういった疑問に答えていきます。
この記事を読むことで
 
✔30代で介護業界に転職するのは難しくない事が分かる
✔給与の高いホワイト求人の探し方が分かる
この記事を書いている私は
給与400万以上、年間休日120日以上の求人に出会い、今も現役の介護職です。
私自身は27歳ですが、無資格、未経験で介護業界に入っています。現場で一緒に働いているスタッフは40代がメインです。
27歳の私が30代でも介護業界転職は余裕だと断言できるのは、現場で30代~40代、50前半の方が
未経験で入ってくるのを実際に見てるからです。
具体的な施設名はもちろん明記できませんが
・介護業界は何歳くらいの人がおおいのか?
・無資格未経験でやっていけるのか?
・30代未経験で介護業界に入るときの注意点
・労働条件の良い求人に出会う具体的な方法
などについて今までしてきた現場の経験を踏まえて書いていきます。
 
 
本記事のテーマ
【断言します】30代無資格未経験でも余裕で介護業界に転職できます

 

スポンサーリンク

介護職員の平均年齢は44歳

私は今まで
・病院1か所
・老健1か所
・特養2か所
の職場で働いてきましたが、体感的には30代後半~40代が多いかなという感覚です。
しかもこれは現場に限った話で、課長とか施設長とか役職がつけばもう少しあがる印象です。役職付きは40代~50代という感じでした。
【介護労働実態調査】を見ても、介護職員の平均年齢は44.3歳と高めです。しかも、これは施設などに務める介護士だけの平均年齢で、訪問介護やサービス責任者、相談員などを含めると、47.4歳と平均年齢はさらに上がります。
厚生労働省が発表した【介護労働の現状】という資料では介護職員の年齢別の割合が出ており30代24.0%40代22.4%と全年代で30代40代が特に多いのがわかります。
30代前半ならむしろ若い方、30代半ば~後半がドンピシャではないでしょうか。

まずは資格取得を目指すべき

 
介護現場の仕事は基本的に資格がなくてもできます。
しかし
給料のために取るべきです。介護職の給与はぶっちゃけ基本給が高くありません。20万以下のところも多いです。なので何で給与を稼ぐかというと資格手当と夜勤の回数です。介護系で唯一の国家資格である介護福祉士を持ってると資格手当は10.000円以上です。
未経験で始めると当然無資格ですが、それでも正直全然問題なしです。
私も3年目まで無資格で働いていましたし、経験が長くなれば施設によっては無資格でもリーダー職に就くこともできます。
とはいえ資格手当10.000円を獲得しないのはもったいないですね。年間12万ですから。
施設では資格取得援助の制度があるところがほとんどなのでそういう制度を活用すると、自己負担額が少なくて済みます。

実務者研修から取るのがおすすめ

介護の資格取得の
王道の流れは
初任者研修→実務者研修→介護福祉士ですが、ぶっちゃけ初任者研修は要らないかな、と思います。
とっても手当がつかない施設もありますし、5.000円以下のところが多いです。
それでも資格ですから取得するにはお金がかかります。資格をコスパで考えるのも違うのかもですが、初任者研修とるならいきなり実務者研修とったほうがいいです。
資格手当の額は施設によって異なりますが5.000円以上はもらえることが多いです。
さらに、介護福祉士の国家試験を受けるには、実務者研修を修了していることが絶対条件になっています。将来のキャリアアップのためにも資格取得の費用節約のためにも、実務者研修からスタートするのが個人的にはおすすめです。

なれるまで身体がつらい…かも

30代で未経験の業界に飛び込むわけですから、覚悟しておかなければならないこともいくつかあります。

変則勤務であること

あたりまえですが、介護現場は24h体制です。
朝早くから夕方までの勤務やお昼頃から夜まで働く勤務、夜勤など様々な時間帯で働かなくてはなりません。
特に、今まで一定の時間で仕事をしていた人にとっては最初はきついかもしれません。
慣れれば大したことないですが、最初はちょっと辛いかも…と心構えをしておくと意外と平気~という状態を作れるかも、です。

年下から指導されることもある

介護業界の平均年齢は高いものの、介護職には学歴が必要ないため、高卒で入った20歳の先輩みたいな状況にもなりえます。
業務に慣れてきて、独り立ちすれば話は別ですが、最初は未経験がゆえに人より多くの時間をかけて育ててくれるので、それゆえいろんな人からOJTを受けるとこもあります。
今までの社会人経験などのプライドは一旦おいて、業務になれることに全力を投じましょう。

ブラック介護現場を避けて働くための具体的な方法

介護業界は慢性的な人不足ゆえに求人が溢れており、職にありつけないということはありません。
ただ、人不足なので
 
✔ろくに仕事も教えてもらえない
✔残業だらけ
✔連勤続きで疲れが取れない、休みが取れない
という施設も実際あります。
せっかく転職したのにこれでは本末転倒なのでブラック求人を避けるための具体的な方法を紹介します。

知り合いを頼るか介護業界に強い転職エージェントを利用する

求人を探す方法はネットで検索して直接施設に応募する方法やハローワークを利用する方法などいくつかありますが
私は
内情をわかるひとに相談するのがブラック企業を避ける一番の方法だと思います。
せっかく入っても
 
困る女性
年間休日が多いところを希望していたのに
入ってみたら全然休みが取れない
とか
困る女性

人間関係がギスギスしていて働きづらい

 
とか。
問題があれば場合によってはまたイチから転職活動し直しです。
そんな二度手間をさけるためその業界に詳しい人に相談するのがいいです。
 
知り合いがいれば、その人を頼って同じ施設に行ってみてもいいですし、そんな知り合い居ないなぁという場合は介護業界に強い転職エージェントを使えば、施設の雰囲気や休みの取りやすさや給与の概算などがわかります。
事前に
自分が次の職場を探すのに優先したいことは何か?を考えておくと希望していた条件の職場に出会いやすいです。
介護求人は多いですから
・給与がいい
・年間休日が多い
・資格取得支援制度がある
など
優先したいことを事前にエージェントに伝えておくと理想の求人を紹介してもらいやすくなるということです。

派遣で一度働いてみるのもアリ

介護業界は女性が多いからか人間関係が原因でやめる人も少なくありません。
エージェントが何となくの内情を教えてくれますが、やはり実際に働いてみないとわからないこともおおいです。
介護職の派遣は時給が高く、経験を少し積めば月収30万程度稼げることもあります。
 
困る女性
 
未経験だし
✔介護に向いてるか心配
✔職場の人間関係が不安
そういうなやみがあるなら
派遣で数か月働いてみるのもアリです。派遣は最短2か月単位で更新ができるので
困る女性

ここはないなー

と思ったときは即次に行きいいなと思ったらしばらく派遣で働きつつ内情を探り正社員の打診をしてみるのがいいです。

派遣に頼る施設は基本的に社員が足りていないので派遣で業務に慣れてるひとから正社員の打診があれば快くOKしてくれるはずです。
実は私はこの方法を実践しまして、派遣で働き、うちで正社員にならない?と打診され、正社員になりました。
面接は一応ありましたが、内定が確定していますし一から仕事を覚えることや人間関係の構築をしなくて済むのですごく楽です。

やめる前提で転職する

少し経験を積んだり
資格があれば、未経験の時よりも引く手あまたです。
あえて様々な経験のできる施設で経験を積み資格取得してから体の負担の少ない(利用者の平均介護度が低いなど)施設に移るのも大いにありです。
私も介護業界1年目~3年目は、激しい認知症の症状を抱えた方中心に介護を行う施設で経験を積み、介護度を下げて施設を探しました。今戻りたいかと言われたらNOですが今はその経験があるから、どんな認知症の方でも対応できますし、介護の技術もついたと自負しています。

まとめ

これまでのまとめです。
 
介護業界の平均年齢は約44歳
30代での転職はまだ遅くありません。
ただし、変則勤務や年下の先輩等覚悟してプライドを捨て、なれるまで努力する必要はありです。
ブラックな職場を避け、ホワイトな求人、自分の希望条件のそろった求人に出会うには
介護業界に強い転職エージェントや知り合いを頼ること、いったん派遣で働き、気に入った職場で正社員を目指すのがおすすめです。
介護への転職を視野にいれてはいるけど、合うか分からないし不安
という場合は正社員よりサクッと辞めやすい派遣で働きつつ、無料で資格取得を目指すルートがおすすめです。ぜひどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました