【介護業界への転職は未経験でも可能】経験談中心に不安や悩みを解説

介護の仕事
こんにちは、るいぴです。
今回は
 
介護未経験ですが、転職可能ですか?
未経験でもやっていけるか不安…向いてなかったらどうしよう…仕事にもついていけるか心配です
 
という悩みを解決します

私も介護業界に入った時は無資格未経験でした。無資格で現場に入って、イチから教わりました。しかし、今は介護福祉士を取得して特養のフロアリーダーもやってます。私自身の就活~今までの経験を元に、未経験で転職は可能か?未経験からの職場選びで失敗しないためのコツはなにかなどを解説します。また、同じ職場にいる、40代未経験で介護業界に入ってきた職員の話も参考にしていきます。

この記事を読むことで、未経験でも介護業界に転職できるということがわかり、少し不安が和らぎます。また、介護業界に転職する手順などもわかります。

スポンサーリンク

完全未経験から介護業界への転職は可能です

タイトルの通りですが完全未経験から介護業界への転職は可能ですよ。知らない業界に飛び込むワケなので不安なのは当然です。しかし、冷静に考えてみてください。今介護業界で働いている人も介護、福祉系の学校卒業する以外、最初はもれなくみんな未経験からのスタートですよ。ちなみに介護業界で働いている私の感覚では、介護、福祉系学校卒で新卒から介護一筋より異業種からの転職で介護業界に入った人のほうが多い気がします。先日Twitterで介護職の方にこのようなアンケートを実施しました

学校を出て、介護一筋という人と、異業種からの転職で介護業界に入った人が半々でした。学校というのが介護や福祉に特化した学校なのかそれ以外なのかは指定しなかったのでわからないですが、半分は今のあなたと同じ、未経験から飛び込んだ人達です。10人いたら5人は異業種から介護の世界に足を踏み入れた人たちです。

もし、職場に行って、不安なことや悩みを持っていても同じ境遇の人がいれば一人で悩みを抱えて苦しむみたいな状況にもなりにくいのでは?と思います。ちなみに私は大学を卒業して新卒で介護の道に進みましたが、大学は福祉系ではなかったので、完全に未経験、無資格で介護業界に飛び込んだカタチです。

未経験、無資格で入っても働きながら資格取得も目指せるし、続けられるか不安ならいきなり正社員じゃなくてもいいし、介護業界自体は無資格未経験で新しい職員が入ってくるという状況は全然珍しいことじゃないので大丈夫です。私が現在の職場で一番一緒に仕事をしやすいのは、40代で無資格未経験で入職してきた女性の職員ですよ。
未経験で飛び込んでも絶対大丈夫。
 

転職前、介護未経験のときに不安に思っていた事とそれが解決する方法

とはいえ私も就職が決まって数か月(介護業界に入ることは決まったが、まだ数か月先…という状況)の時は

るいぴ
るいぴ

向いてなかったらどうしよう(下の世話とかできるかな…)、ついていけるかな…体力面もわりと心配…

という不安を抱え、不安が頭の中をぐるぐる回っていたので気持ちはわかります。しかし、介護に興味はあったので楽しみな気持ちも割とありました。結論、この楽しみな気持ちが少しでもあるなら、やってみないとわからないのでやる前にいくら考えても仕方ないという感じ。

悩んでも解決にはならないし、とりあえずやってみるしかない。という感じです。残念ながら現場に出てみるまで不安は消えませんがこんな感じで仕事を進めていくんだ、とかこんな感じで教わるんだなとか少しでも未来を想像できる情報をとることで少し不安は和らぐかなと思います。

介護士の仕事内容を具体的に解説【 未経験から入職するとこんな感じで教わります 】

繰り返しになりますが介護士は約半分が異業種からの転職なのでみんな不安を抱えつつ入職してます。先輩たちはみんなその気持ちはわりとわかってますよ。未知の業界にはいるときは不安で当たり前です。わりと抵抗の少なそうな業務から教えてくれますよ。私もそういう順番で教わりましたし、教える立場になった今もそうしてます。
介護士の仕事内容は
  • ベッド→車いす、車いす→ベッドなどの移乗介助
  • オムツ交換やトイレ誘導などの排せつ介助
  • 食事介助
  • 食事の配膳下膳
  • 飲み物のトロミの調整(飲み込みがうまくできずむせてしまう人には水分にとろみをつけて飲み込みやすくします)
  • 口腔ケア(歯磨き、入れ歯の管理)
  • お風呂、更衣介助
  • シーツ交換
  • おむつやトイレットペーパー、ディスポグローブなど物品の管理や補充
  • レクリエーション
かなり多岐にわたります。
この中でも、未経験の人が最初に教わる可能性が高いのは、未経験からでも抵抗がすくなく、利用者さんの情報をわかっていなくてもできることからです。職場によって多少差はありますが、基本的にはどこの施設も同じような順序で仕事を教えていくはず。
とはいえ排泄介助や食事、更衣などガッツリ利用者さんと接することを徐々に教わりますが、最初は見学→先輩職員と一緒にやる→見てもらいながらひとりでやる→ひとりでできるという流れです。いきなり一人でやることも、いきなり下の世話を手伝うこともあまりないです。教える側も順を追って教えるので不安を抱えたままでも問題ないです。
いくら入職前にいろいろ調べても不安は完全には消えませんよね。そのままでok。未知の業界に飛び込むならそれも普通です。

未経験から介護業界へ転職方法は2つのみ

介護業界に限らずですが、未経験で転職する場合は
  • その(今回は介護)業界に強いエージェントに登録する
  • すでに(介護)業界にいる知人等から紹介してもらう
という2パターンの転職方法に絞るべきです。この2つの方法に共通するポイントは既に業界の知識がある人からアドバイスをもらうことです。
例えば下記の場合どちらを信用できますか?
介護業界に全く居たことのないハローワークの職員
介護は給料安いので月収25万以上の求人はありません。体力的に大変かもですが慣れますよ。
現役介護士の友人
介護の仕事は職場で給料も、労働量もかなり違うよ。よく吟味して、職場を選べば仕事中でも座ってる時間もありながら、月収25万以上はもらえるよ
明らかに後者のほうが信ぴょう性が高いと感じますよね。
ハローワークはその業界に精通していない人でもいろんな職種を紹介します。それについて否定するつもりではないですが、そういう仕組みの場所なのでいい求人に出会いたいなら避けるべきだと個人的には思っています。ブラックな労働環境の職場を提案される可能性は上記2つに比べたら高いはず。
 
私は初めて介護業界に就職する時、介護業界にいる知人がいなかったので自力で求人を探して就職しました。いろんな経験をかなり積むことができたので後悔はしていませんが、3年目も手取りは20万届かずでした。一方で現在の職場はエージェントを通して知り、月収は平均して30万弱もらっています。
業界に詳しい人から情報を聞くのはいい職場に出会うための絶対条件です。
 
ちなみに介護の正社員求人を探すならきらケア 正社員紹介 がおすすめです。
介護業界大手のエージェントなので求人数が多くサポートが手厚いです。私はここの派遣部門で仕事の紹介を受けていましたがサポート体制がかなり良い。最終的に求人の紹介を受けなくてもokなので情報収集のためにも登録しておいて損はないです。

未経験から介護業界に転職する際の求人を探すコツ

未経験から就職するにあたって、最初の施設での働き方であなたが重視することはなんですか?
経験?働きやすさ?
長く続けられる、居心地の良い職場を探すためには、ここをはっきりさせることがとても重要です。
介護の仕事は職場によって得られる経験値も、疲労感も全く違います。ここを明確にできないまま求人の紹介を受けても、こういう想像はしてなかったな…という状況に陥りやすくなってしまいます。
例えば、私が最初に入った職場は、完全に経験重視の人向けという感じで、利用者さんの介助量がとても多く、食事やお風呂、おむつ交換などを一日に何十人もこなしました。最初はめちゃくちゃ疲れて帰って、帰宅後は爆睡でした。しかしそれも徐々に慣れますし、移乗や食事、排せつなどの技術はかなり身につきました。一方で、現在の職場は自立度の高い利用者さんも多く、日勤でも日によっては少し座って事務仕事ができる時間さえあります。
何を重視して、職場を選びたいですか?
介護は人手不足の業界なので、求人がなくて困ることは多分ありません。だからこそ、数あるなかからいい職場を選ぶために、求人を選ぶ上で重視したいことをある程度明確にしておきましょう。
とはいえ
未経験の状態では何を優先すべきか、職場がどういう雰囲気なのか想像しずらいと思います。そういう場合は紹介を受ける前に
  • ある程度いろんな経験を積みたいけど、体力的に不安がある
  • 体力は自信があるのでがっつり経験重視で探したい
  • 経験はゆっくり積めればいいので体力的に負担の少ないところがいい
など
知人や転職エージェントに一度相談してみてもいいかもしれません。
そうすることでこういうところで働きたいわけじゃなかったのに…という失敗を避けることができます。

未経験で働く際、資格は必要?

資格に関しては、最初はいらないと思っています。介護をやる前から資格を取るもしくは資格を始めると同時に資格を取るためにスクールに通うなどすると、もしあぁ介護向いてないなとなったときにお金も時間もわりと無駄ですよね。無駄は言いすぎかもですが、取る必要なかったなとなりますよね。なので、最初は無資格で初めて、続ける気持ちが出てきたら、実務者→介護福祉士で全然遅くないと思います。
介護の資格の多くは民間資格ですが、目的もなく民間資格を取りまくっても役に立ちません。こういうことがしたいからこの資格がほしいと明確に目的が決まってからでokです。
私は介護を続けて3年半は無資格でした。3年はちょっと長すぎるかもですが介護は資格がなくてもできる仕事だし、この先も続けていくかわからないし…と思っていたからです。一度介護を離れて、また介護に戻ろうと決意したタイミングで実務者研修から取得しました。
 
資格に関しては初任者研修など初級の資格を取って、少し知識をつけておくべきという意見もあるかもですが、ぶっちゃけ私は初任者研修は要らない派です。初任者研修の内容なら正直、数ヶ月現場に出ていれば身につくことがほとんどですし、初任者研修は取ったところであまりお金になりません。多分手当があっても月2000円くらい。手当がない施設も珍しくありません。その割に受講料が高く数万円はかかります。
とはいえ訪問などからチャレンジしたい場合などは資格がないとできなかったりするので、そういう場合は初任者研修から取るのもアリかなと思います。
施設志望でも、今お金に余裕がある人なら取っておいてもいいんじゃないか?とはともいますが基本的には無資格で実務に入ってみる→続けられそうなら実務者研修を受けるで問題なしです。

未経験から介護業界に転職する手順

今までの解説を踏まえ、未経験から介護業界に転職する際の手順を簡単にまとめます。
事前準備はいりません。事前に資格を取るとか、何か勉強しておくとかもぶっちゃけいりません。勉強しておいて損は特にないですが、あえて勉強しておかなくてもぜんぜんokです。
手順は
 
介護施設での働き方ってどんな感じ?何するの?という下調べをしてみる
できそうだと思ったら求人を眺めてみる。(転職エージェントに登録してもいいし、知人に聞くでもok)
給料などを見て自分労働条件の優先順位を決める(1身体に無理のない事2給与3経験4通いやすさ など)
転職エージェントor知人にその優先順位を話つつ、こういう求人がいいんじゃない?と提案してもらう
 
知人の場合はあなたの条件ならウチの職場は合わないかも…となることもあるかもですがエージェントを使う場合はその条件や不安に感じていることなどあなたが話したをもとにいくつか求人を紹介してくれます。あとは、面接~採用までサポートしてくれるので任せれば大丈夫です

向いているか不安なら派遣でやってみるのもアリ

ここまで読んで

そうは言ってもやっぱり興味はあるけど向いているか不安だなぁ

という人は派遣でやってみるのもアリですよ。

派遣なら一度やってみて向いてないな辞めたいなと思ったら最短2ヶ月程度で辞めることも可能です。正社員のように引き止められたり、こんなにすぐ辞めるなんて言いづらい…というのは派遣にはありません。
私は過去に派遣として働いていた時期がありました。その時は介護をやめたいわけではなかったですが、合わない職場にあたってしまい、2か月で辞めた経験があります。派遣は契約時間が2.3か月ごとに区切られているので契約満了まで働けば、普通にやめられます。派遣先にとっては短期間で辞められると大変…というのもありますがそれは派遣を雇うリスクなので仕方なし。派遣がそういう働き方ができるのは派遣のメリットの一つでもありますし、契約違反でもないので、派遣スタッフ側は気にしなくて大丈夫です。
とはいえ
現役介護士からは派遣は即戦力が求められるから未経験から派遣はハードルが高いのでは?という意見もぶっちゃけ多いです。確かに私が派遣をしていた時は2日で仕事の流れを覚え、3日目から一人立ちというかんじでした。派遣を雇う施設は人手が足りていないので即戦力を投入して現場を回したいという思いがある場合が多いです。
しかし無資格、未経験可の派遣の求人もあるのでそういう求人なら問題なしです。私は派遣で働きながら実務者研修を受講しましたが、一緒に受講した人の中に

未経験で今月から働き始めたんです

という人もいましたよ。ほかの人もできてるので大丈夫です。

無資格未経験可の派遣求人に強い派遣会社はかいご畑 一択です。未経験なら絶対にココ。無料で実務者研修も受けられます。
いきなり正社員でガッツリ入るのが不安なら派遣でやってみる→正社員に切り替えor正社員の求人を探すでok派遣で働きつつ、そこで系社員に切り替えることもできるし、新たに正社員で探しなおすのもアリですよ。
 
 
というわけで今回は以上になります。
 
介護業界は異業種から未経験で入ってくる人が多い業界です。不安はあると思いますが、全然可能なので迷ってるならトライしてみてもいいのではないかと思います。
介護業界にいる知人にLINEしてみるor介護業界に強い転職エージェントや派遣会社に登録してみるところから始めましょう。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました