介護職で月収30万超えるためにやったこと

介護の仕事
 
 
介護職の月収が30万というニュースもありましたが
ぶっちゃけ程遠いです…20万も貰ってません…
介護職として30万稼ぐ方法を具体的に知りたいです。
 
 
この疑問に答えます。
 
この記事を読むことで私が実際に介護職で月収30万を達成した手順と方法がわかります。
この方法をそのまま真似すればあなたも介護で月30万が実現可能です。
 
この記事のテーマ
介護職として月収30万を稼ぐ手順を解説します。
私は現在、特養で働いており、30万ほど給料をもらえてますが介護福祉系の学校は卒業してません。
完全に無資格未経験で22歳の時に介護業界に入りました。
それでも今回の手順を実践し、介護職5年目20代で月収30万もらってます。
しかし、もちろん最初からこの金額をもらえてたわけじゃありません。22歳、最初の給料は手取り13万でした。この記事では13万→30万までどのように伸ばしていったのかを全て解説します。
スポンサーリンク

介護職で月収30万円達成に必要なのはまず経験

私が実践した介護職で無資格未経験から給料30万までの流れを、カンタンに表すとこんな感じです。
  1. 給料度外視で経験を積む
  2. 現場で動ける人になって最低額、最短ルートで資格を取る
  3. 複数の施設を偵察する気持ちで派遣でいくつかの施設に就業し施設の中身を見つつ自分がストレスを感じない程度の人間関係+できるだけ高水準の給与を貰える施設を探す
  4. そこで正社員になり30万以上をGet
まずは現場で動ける人にならないと話になりません。何も一人でできない未経験の社員にいきなり30万渡す会社なんて少なくとも介護業界にはありません。
当たり前ですが、30万の為にはとにかく最初は経験を積むこと。そして現場でこいつは動けるな、仕事できるなと思われるようになることです。
たとえば、1年目と5年目の職員の動きが違う、仕事のスピードが違うのは経験の差が大きいです。
多少の向き不向きはあるかもですが、それはどの仕事でも同じですし、ある程度経験があればカバーできます。
未経験で入る場合、最初は大変かもですが、介助量の多い利用者さんが多い施設や従来型の老健などで経験を積むといいです
従来型を推すのは、ユニット型より従来型のほうが職員が動く範囲が多いですし一人で気を配らなければならない利用者さんの人数も多いためです。大変ですが、最初にそういう環境にいたほうが経験値が爆上がりします。
しかし、ここで1つ注意点があります。
未経験の場合は特に極端に人員不足の施設や教育体制が整っていない施設は避けたほうがいいですよ。
というのも、
充分に仕事を教わらないまま独り立ちさせられると結局仕事をわかっていないので、遅い、やり残しがある、仕事が不十分などが多発し、使えない人、と認識され始めてしまうサイクルに陥る可能性があるからです
教育体制のしっかりしてる職場に入れば、未経験であるほど丁寧にとマンツーマンで先輩職員が仕事を教えてくれます。
私が新卒で入職した職場は教育担当の先輩職員が決められていてシーツ交換の仕方やオムツのあて方、移乗の仕方などイチから教えてくれました。

介護経験を積んだら、最短、最安で資格取得を目指す

介護の仕事は無資格でも可能ですが、給料を上げるには資格取得は必須です
資格手当金額目安
 
介護福祉士の手当相場平均は10.000円前後、
実務者研修では3000円~5000円程度
 
中途採用で入職すれば、今までの経験などを勘案して多少は上げてもらえますが、資格を取れば手当が付き上がるのは明確なので、給料を上げたいなら取らないという選択肢は無いです
私は無資格未経験から、実務者研修→介護福祉士を取得しました。私は介護を始めた当初
るいぴ
るいぴ

そんなに続けるかわかんないし資格はいいや。

と思っていたので4年目の時に初めて資格取得のために動きましたが、未経験でも現場で働き始めてすぐに実務者研修の講習に通っても問題ありません。

資格取得には当然お金がかかります。一般的には
実務者研修で10万以上、介護福祉士受験で2万くらいは必要です。
介護福祉士の受験料は調べればわかります。
 
実務者研修は民間資格なので、どこで受けるかによって金額は多少前後します。
結構高いお金なので色々と比較して選ぶといいと思います。
ちなみに実務者研修を受ける方法は以下の3つ
  • 職場で費用を負担してもらいながら受講する
一時的に自己負担して、後から給料で戻ってくるパターンが多いです。毎月1万ずつ、10か月かけてみたいな給付の仕方をする施設もあるのでその辺は事前確認推奨です。
  • ハローワークで受講する
ハローワークの職業訓練で取得する方法です。1.5万円前後で受講できるみたいですが場合によっては選考などもあり、必ず受けられる保証がないこともあるみたいです。
  • 派遣会社の制度を利用する
私はこの方法で実務者研修を受講しました。理由は最安だから。当時初任給手取り13万の職場を辞めたばかりでマジでお金に困っていたのでこれしか選択肢はありませんでした。派遣会社に登録して就業する代わりに、タダで実務者研修を取らせてあげるよという制度(キャリアアップ応援制度)で、自己負担金額はテキスト代の7,000円のみ
給料もしっかりもらいつつ、格安で受講できたのでかなりありがたかったです。

【無料で実務者】かいご畑のキャリアアップ応援制度はこちら

 

介護の資格を取ったあとは必要に応じていくつかの職場を経験する【やめる前提でok】

資格を取ったあとはここなら余計なストレスを感じずに働ける可能性が高いかもと思える職場を探すフェーズに入ります。
月収30万を目指すという目標があるので求人情報の中で注視すべきはもちろん給料ですが
、職場を探す際は人間関係や職場の雰囲気など、自分が重視したいポイントを明確にさせてから求人を比較するといい職場に巡り会える確率をグッと高めることができます。
いくつかの求人を比較して、現状よりも高い給料が貰えそうなところに面接にいきましょう。そしてタイトルにもあるように、そこでずっと働くみたいな気持ちにはならなくてokです。
 
とりわけ、正社員で入職するとやめるつもりで入る、みたいな意識はなかなか持ちにくいかもですが
一つの職場に居続ける、なかなか辞めれないと思う必要はないと思ってます。
私も1年目~現在までそれぞれの職場にいた意味が異なり、それぞれ目標を達成した後に更にいい環境を求めて辞めてます。
最初は介護の技術がとにかくほしかったので給与が安くても、役職がつかなくても自分がもう学ものはないかなと思うまでいたし、なるべく安く資格を取るという目標が達成できるまで派遣でいたし、今は給与が高めの法人で勤めています。
いまだってより良い条件の職場をみつけたら全然移ります。
自分の年齢や立場、技量も当然変化するのでその時の自分を最大限評価してもらえる場所に行くべきですし、そういう行動がとれないと、収入は上がっていかないです。
 
 
 

できれば首都圏で働く

繰り返しになりますが私が介護職の給料だけで30万を達成するまでに行ったことは
  1. 給料度外視で経験を積む
  2. 現場で動ける人になって最低額、最短ルートで資格を取る
  3. 複数の施設を偵察する気持ちでいくつかの施設に就業し施設の中身を見つつ自分がストレスを感じない程度の人間関係+できるだけ高水準の給与を貰える施設を探す
  4. そこで正社員になり30万以上をGet
それに加えて、可能であれば首都圏、もしくは大阪、名古屋、福岡などの大きめの都市で働くことができれば30万達成の可能性をかなり高めることができます
家族がいたりすると働く場所を変えるのはなかなか難しいものがあるかもですが、マジで働く地域は大事です。
介護業界で働き、よく求人を見ている私の体感としては地方だと名古屋、大阪、福岡などの主要都市を除いて月収30万の介護職は厳しいです。
個人的には東京で働いて収入を上げつつ家賃などの生活費を下げるのがベストかなと思います。
逆に東京で働いて収入をあげても高い家賃を払っていては本末転倒です。ちなみに私の今の家賃は35.000円でおつりが来ます。4帖一間風呂なし、とかじゃないですよ(笑)ちゃんと生活できるひろさです。
 

手取りが欲しいなら派遣や副業もアリ

月々の手取りをできるだけ上げ、かつ賞与の高い職場に巡り合うのが理想ですが
年収よりもとりあえず手取りがほしいなら、派遣もありです。
私も1年ほど派遣をしていましたが、週5夜勤込みで30万稼いでました。夜勤専従なら月10回で月収30万の求人とかあります。プライベートな時間を確保しつつ稼ぎたい場合などもおすすめですね。
派遣で働けば副業なども自由なので空いた時間で他の収入源を作るのもいいと思います。

私が介護職で月収30万超えた超具体的な手順

 
無資格未経験で精神科の認知症病棟へ入職し、3年半働きました。この時は夜勤込みで給与17万程度でした。ここでは給与は低かったですが、オープニングスタッフで入ったので全体の研修も充実していましたし、病棟の勤務に従事するようになってからもマンツーマンで基礎を教わりました。

次にかいご畑で派遣をやりつつ、実務者研修を受けました。この時は夜勤中心のシフトで夜勤手当をガッツリもらい、実務者研修修了後は時給1200→1430円になりました。ここで総支給30万を超えました。

その後、介護福祉士を取得してからもっと時給が上がるのでは?と思い、高時給案件の多いきらケア派遣 に移籍して1550円の時給+夜勤手当でさらに月収アップしました。

派遣をしつつ、派遣先の正社員の様子を給与含めよく観察していました。リーダーやフロアで信頼のある職員とも仲良くなり、法人の人事のことや給与の事を色々聞きました。派遣として職場を探す時も、提案された施設のHPは必ずチェックして、給与をみて、「もしここで正社員に転向したらいくら貰えそうか?」というのを大体把握しておき、それも含めて派遣先を決めていました。

派遣をしている期間で2つの施設を経験しましたが、そのうちの施設の1つでボーナスと処遇改善手当が高く、リーダー職で年収が500万ほど目指せそう、且つ人間関係が自分にはさほど苦痛にならない雰囲気だなというところがたまたまあり、現在はそこで正社員になっています。この流れで一番重要なのは、派遣時代(職場を探しているとき)の着眼点です。前述しましたが、ボーナス等の金額、人間関係をしっかり見極め、年収が高く、苦痛なく仕事ができそうか?を常に考えて居ました。

まとめ

介護職で月収30万までの道のりは
・技術や知識を身に着ける
・資格を取る
・やめる前提で転職する

・できれば首都圏で働く

・場合によっては派遣も視野に入れる

以上の方法で私は月収30万を実現しています。
ぜひ行動してみてください。介護職で月収30万稼ぐのは無理じゃないですよ。十分可能です。
まだ資格を取ってないという方はまず資格取得から。
お金をかけたくないひとはかいご畑のキャリアアップ応援制度の利用をどうぞ

かいご畑のキャリアアップ応援制度はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました