【現役介護士が語る】一人夜勤はキツイ?【休憩はみなしです】

介護の仕事
 
 
 
皆さんは介護職のひとり夜勤はキツイですか?
休憩はどんな感じですか?
現状を知りたいです。
 
正直ワンオペ夜勤はもうやってられない…
 
 
 
という気持ちに応えます。
 
 
 
この記事では
 
一人夜勤の現状
一人夜勤でもきつくない施設の選び方
 
が分ります。
 
 
私は現在介護職5年目で病院と特養で勤務経験があり
16時間3人夜勤、16時間一人夜勤、8時間一人夜勤を経験しました。それぞれの夜勤で休憩時間がどうだったのか、疲労感はどんな感じか、などを話します。
そして、ぶっちゃけ一人夜勤でもそこまできつくないですよ。キツイのは多分施設選びに失敗しているからです。
 
スポンサーリンク

今までの夜勤の勤務状況

私が今まで経験してきた3施設それぞれの勤務の状況です。

16時間3人夜勤

時間は17時~9時で2時間休憩アリでした。50人を3人の職員で見てました。ひとりあたり約13人。数字で見ると割とてあついです。
しかも
16時間の中に2時間の休憩がしっかり組み込まれており、休憩が取れないことも無かったので実質14時間労働のホワイトな環境でした。ただ、夜勤で相手にする患者さんは夜間良眠される事の方が珍しいとか、一晩中騒いでるとか、幻視がひどすぎて介護拒否があるとかそういった人たちでしたので労働環境がホワイトだったから楽だったかといわれると、決してそうではありませんでした。
 

16時間1人夜勤

ユニット型特養で時間は16時~10時です。20対1で見てました。
1時間休憩のていで17時間拘束でしたが一人夜勤なので休憩は実質ありません。みなし休憩でした。しかし夜間はたまに一睡もしないおじいちゃんがいたくらいで仕事内容的には上記の病院よりはきつくなく、動きっぱなしということはありませんでした。

8時間一人夜勤

こちらもユニット型特養で時間は21時~7時です。20対1で見てました。
一人夜勤なのでやはり休憩はみなし。仮眠時間や完全にコールから解放される時間はありません。ただ、こちらも夜間はほとんどの入居者さんが居室でしっかり休まれている状況だったので座ってる時間、tvを見てる時間、など自由にできる時間のほうが多かったです。
 
 
上記の3つの職場だと一番最初の16時間3人夜勤がダントツで動いたし、きつかったと思います。
つまり
つらいのは一人夜勤だから、というよりも利用者に依るところが大きいです。
 
 
 

一人夜勤のメリットデメリット

 
3つの職場を経験し複数の形態で夜勤をしてきた中で感じたいい点と悪い点です。
 
メリット
 
好きなタイミングでご飯が食べられる。
暇な時間の過ごし方が自由
自分の仕
事の進め方で完結できる
なにもなければ気楽
 
 
デメリット
 
急変や、半端な時間の大量失禁は大変
わからないことがあっても聞ける人がいない
さみしい、過ごし方がわからない
 
 
ここは
ひとによるかもですが、私はデメリットよりもメリットのほうが大きかったです。
 
 

一人夜勤でもきつくない

今まで経験してきた夜勤の経験から言えることはぶっちゃけ一人夜勤でもそこまできつくない、ということです。休憩もみなしだし、急変があればオンコールだし…楽なことばかりではないです。でもきつくない施設選びができれば、むしろ複数の職員と夜勤をするよりも気が楽でいいと個人的には思います。
 
 
きついと感じるのは
ナースコールが重なり、トイレに行きたい、水が飲みたい、何でもない、寂しいと各々訴え、その間にセンサーがなり、ひとりでは手に負えない状況下にいるからです。
 
言うまでもないですが、介護士は利用者を選べません。でも、施設を選ぶことはできます。どこを選んでもたまにはコールが重なる日もあるし、忙しい時間帯もあります。でもそれが毎回夜勤入りの時間から明けの時間まで続くより、たまにはこういう日もあるよねくらいの頻度の施設だったらどうですか?
 
一人でうまく回せる範囲の忙しさなら、おなかが減ったら適当な時間にカップラーメンが食べれて、巡視が終わって、排せつ介助が終わったら動画も見れますよ。
 
 

無理なく夜勤ができる施設を探すコツ

 
3つ中2つの施設で割と負担の少ない施設で夜勤ができたのは
転職の際にエージェントを利用し、さらに最初は派遣として施設に入り、入居者さんの様子も見つつ無理なく続けられそうなら正社員になる、という方法をとったからです。
 
 
いきなり面接を受けて、正規雇用も悪くないですが、入居者の様子は実際働いてみないことには何とも言えませんよね。
派遣でとりあえず内情を探り、よさげならそこで正社員になればまたおなじ辛さを感じなくて済みます。
 
 

派遣介護にオススメな転職エージェント

かいご畑

かいご畑
 
かいご畑は初めて派遣についたときに登録した派遣会社で無資格の状態からすぐに求人を紹介してくれました。キャリアアップ制度を利用して実務者研修も無料で取得できました。
 
実際に利用して感じた、かいご畑のおススメポイント
 
 
実務者研修の費用全額負担【10万以上】
コンサルタントは全員介護の資格を取得している
給与の週払い制度がある
無資格未経験からの求人が多数
コンサルタントが施設の内情に詳しい
時給の交渉を頻繁にしてくれる
 
かいご畑は私も実際に登録して利用していましたが夜勤中心のシフトで、穏やかなフロアの一人夜勤だったのでめちゃくちゃラクでした。 それで総支給30万貰えてましたし人間関係も良好だったのでそこで正社員になりました。
 

 きらケア介護派遣

きらケアは業界大手の派遣会社で私が派遣時代最後に利用したのがきらケアです。

きらケアを実際に利用して感じたおすすめポイント

 
大手の安心感
コンサルタントが業界に詳しい
初任者研修の費用負担
時給が高め
コンサルタントとのやり取りにラインが使えるので連絡が取りやすい
非公開求人が多い
 
 
経験者、もしくはすでに資格を持っているならきらケアがおすすめです。全体的に時給高めです。

まとめ

 
くりかえしになりますが
一人夜勤がきついのは単純に一人で回せない量の仕事をさせられているからです。介護業界は基本的に人手不足なので仕方ないことではありますが、人手不足だからこそこちら側が職場を選べる立場なのも事実です。
一人夜勤はどうしても休憩が取れないのが現状です、それなら現状に合わせて、自分が無理なく働ける場所を選ぶのがいいと思います。無理して薄給で頑張ってもなにも残りませんよ。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました